スマートドラッグ

提供: 電脳機巧技師団wiki
移動先: 案内検索

スマートドラッグ(英: smart drugs)は、人間の脳の機能や能力を高めたり、認知能力や記憶力を高める薬品や物質の総称である。(Wikipedia)

はじめに

スマートドラッグに手を出す前に「食事」「睡眠」「運動」をしっかりすることのほうが効果があります。
バイオハックなどの手法を用いて最適な「食事」、最適な「睡眠」時間、十分な「運動」を探すことをおすすめします。

基本情報

Wikipediaとかを見ましょう。代表的なものが一覧になっています。

法的規制

このページの以下の情報は日本国内の法的規制を参考にして書かれている。 詳しくはWikpediaのこのへんを確認しよう。

区分

スマートドラッグとして扱われるものの分類として、大まかに分けて以下の区分がある

  • 未規制 - どこでも買える(食品扱い)
    • 医薬部外品 - 便宜上第4類と呼ばれることもあるが未規制
  • 一般用医薬品 - 対面販売(薬剤師や登録販売者がいる薬局やドラッグストアで買える。)
    • 第一種医薬品 - 薬剤師が必要(いればネット販売可)
    • 第二種医薬品 - 登録販売者か薬剤師が必要(いればネット販売可)
    • 第三種医薬品 - インターネット販売可(2013年改正薬事法,登録販売者か薬剤師の情報提供が努力義務)
  • 要指導医薬品 - 対面販売
  • 薬局医薬品
    • 医療用医薬品(処方薬) - 対面販売
      • 処方せん医薬品
      • 処方せん医薬品以外の医療用医薬品
    • 薬局製造販売医薬品(薬局製剤)…インターネット販売可

参考: Wikipediaのこのへん

各医薬品がどの分類に区分されるか、海外ではどのような扱いかはWikipediaの各薬品ごとのページをみると詳しく書いてある。右側の法的規制の欄を確認しよう。

購入

個人輸入(代行)

上の区分の中で、対面販売が必要な薬品も個人輸入という方法で購入できる。区分ごとに一度に購入できる容量が定められている。 日本国内で所持や使用が違法な薬品以外は基本的に一ヶ月分は輸入できる。
参考: 厚生労働省サイトのこのへん

おすすめサイト

インターネット販売

別に対面販売が必要ない薬品でも輸入は可能。国内より安いことが多い。

おすすめサイト

  • iHerb
    安い。ただし、基本的には医薬品っぽいものは購入できない。